浮気調査で肝要なのは、浮気しているとい

浮気調査で肝要なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。不倫行為が確実ではない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。
調査により浮気が確定した場合に、次にすべきことは、浮気相手の特定です。主にパートナーの尾行を中心として、あるいは張り込んだり等、不倫相手の正体を確かめるのです。
探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査員の数によっても変わりますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。
当然のことですが、調査員が1人であれば安く、多ければ多いほど高くなります。
また、尾行の時に車やバイクで移動すると、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、要確認です。
結婚している相方が、浮気しているときでも離婚を避けたいのなら浮気現場を押さえようとすることはしないほうがいいでしょう。パートナーを裏切ったことがバレた途端に相方が、ひどく感情的になってしまい、別れなければいけなくなってしまうこともあります。しかも、浮気相手に直接関わった結果、大きなストレスになってしまうのです。