日常生活の中で、相手の行動を気をつけてみておくこ

日常生活の中で、相手の行動を気をつけてみておくことは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気の事実を決定づける証拠を押さえるためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。それに、探偵に頼んだ場合には、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。
浮気調査の費用の節約には、事前にある程度自分で調査してから調査会社へ依頼することです。
調査とはいっても簡単にできることなのです。
何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで立派な調査なのです。
毎日の出勤時間、帰ってきた時間、電話で誰かと通話していれば、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。離婚を覚悟の上で、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。けれども1人で踏み込むと、喧嘩になりやすいので、止めておきましょう。
あなたが信じて頼れる人と行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。信頼できる人が同行できないときは、探偵等に頼むことをお勧めします。
せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者側に落ち度があって、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気相手と会うのを控えたりして、証拠が揃わないこともあります。探偵に依頼したからといって、確実に証拠が手に入るわけではないのです。充分な調査が出来なかったときの費用についても、依頼をする時に契約書に盛り込むことが必要なのです。
浮気調査で肝要なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。浮気しているか否かが不明瞭な場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。
もしも浮気が確かなこととなれば、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の姿・年齢・氏名などを押さえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です